ブログ&お知らせ

2013-07-05 13:08:00

表示成分(1) 屋根裏通信より

今回は長くなりそうなので2回にわけて書いていきます



今日は前回、話したシャンプーの代表的な洗浄成分の洗浄力、泡立ちなどの紹介です。


これがいい、これはダメということではなく、あくまでも参考にしていただければと思ってます。
(洗浄成分の組み合わせや配合によってシャンプーの性質は変わってきますのでご了承下さい)




                               マークが多いほうが良い ってことです。    

高級アルコール系    ラウリル硫酸Na   ラウレス硫酸Na   ラウレスー5硫酸Na 
                
                  ラウリル硫酸TEA  ラウレス硫酸TEA

                 
                 洗浄力     
           
                 皮膚への刺激  

                 泡立ち      

                 カラーの持ち  

                 髪質       油っぽい、汚れが多い

         洗浄力が強く泡立ちもいいです。皮膚への刺激は強いほうです。



ベタイン系         ラウラミドプロピルベタイン   ココアンホ酢酸Na


                                 洗浄力         
           
                 皮膚への刺激 

                 泡立ち      

                 カラーの持ち  

                 髪質       損傷毛 デリケート毛

            
           皮膚への刺激はやさしくベビーシャンプーなどにも使われています。




オレフィンスルホン酸Na
                
                                 洗浄力        
           
                 皮膚への刺激

                 泡立ち          

                 カラーの持ち 

                 髪質             油っぽい 汚れが多い

                       洗浄力が高く泡立ちもいいです。高級アルコールよりもやや刺激が弱い。         





アミノ酸系        ココイルグルタミン酸Na    ラウロイルグルタミン酸Na


                             洗浄力         
           
                 皮膚への刺激  

                 泡立ち           

                 カラーの持ち   

                 髪質              損傷毛 乾燥毛 デリケート毛


          皮膚や髪に刺激は弱い。洗浄力としては弱く泡立ちも弱い   
                
  

              ラウロイルメチルアラニンNa     ココイルメチルアラニンNa

                               ラウロイルサルコシンNa       ココイルサルコシンNa

                                
                                洗浄力        
           
                 皮膚への刺激

                 泡立ち          

                 カラーの持ち  

                 髪質           損傷毛  デリケート毛


           皮膚や髪に刺激が弱くグルタミンより洗浄力や泡立ちがいい




次回はタウリン系や石鹸系の紹介をしていきます。



どんなシャンプーを使用してもすすぎはとにかくしっかりしましょう。


洗浄成分が頭皮にのこってると毛穴のつまりの原因になり、いいことひとつもありません。


シャンプーで洗ってる時間よりすすぎに時間をかけて頭皮をスッキリさせましょう!!