atticのカラー説明

アティックのカラーはナノスチームで超微粒子の水分子を髪の芯まで浸透させてからカラーをしていきます。

 

カラー塗布前の髪内部に水分をたっぷり補給することによりカラー剤に含まれるアルカリの力にたよらずに水のちからでカラー剤を髪に浸透させることができるので、発色や色持ちがよくダメージも最小限におさえます。

 

通常カラーリングで髪を明るくする場合はアルカリカラーと呼ばれるカラー剤を使用します。

 

各メーカーからいろんな特色があるものがサロンで使われています。市販のカラー剤も同じですね。ただ市販の製品はアルカリが強い傾向にあるようですね。

 

黒髪を明るくするのはアルカリカラーです。白髪を染めるのもアルカリカラーになります。ただグレイカラーはブラウンの色素が多く入ってるので白髪にちゃんと色を入れることができます。

 

グレイカラーはブラウンの色素が多く入ってるので明るくするちからはファッションカラーに比べると落ちるんです。

 

明るいカラー剤ほどブラウンが少ないので白髪に色が入りづらくなるって言われるのはこういう理由があるんですね。

 

atticでもカラー剤は黒髪の部分を明るくする場合は色の種類がたくさんあるアルカリカラーが中心になります。

 

グレイカラーも黒髪を明るくしながら白髪に色を入れる場合はアルカリカラーが中心になります。

 

ここが重要ですが、一度でもカラーしてるところ(既染部と呼びます)はカラー剤のアルカリ量の少ない微アルカリカラーに変えて塗り分けることにより

 

ダメージを少なくして仕上がりの手触り感を良くできるんです。

 

微アルカリカラーはトリートメントの成分も多くはいってるので色と一緒にトリートメント成分も浸透させて仕上がりが良くなるんですよ。

 

でも、既染部に色を入れる必要がないときは(色味を変えないときやまだ色が残ってるときなど)カラー剤をつけないのが一番傷みません。

 

だから、リタッチでよけいなところにカラー剤をつけないでカラーできるサロンカラーはプロの技術なんです。

 

atticではカラー前に髪の状態をみて必要な栄養剤はもちろん、カラー後に髪に残留しやすいアルカリ剤やオキシなど髪の色持ちや手触りを悪くする成分を除去するお薬もシャンプー後につけさせていただいてます。

 

カラーについてもっと知りたいときはお店で気軽にお聞きください。